トップ  >  熱帯魚水槽  >  北米産

北米産

2017年02月07日

家の腐海の底水槽ですが、
Photo:P_20170207_190417_vHDR_Auto.jpg By:舞桜

Photo:P_20170207_190346_vHDR_Auto.jpg By:舞桜
北米産のカレイをお迎えしてみました。
南米産に比べて小型だとか・・・
でも、最大サイズになればクラウンキリーを咥えられそう。
スポンサーサイト

JOJO | トップページへ戻る | べろ~ん

このページのトップに戻る

コメント

 すごい!
 舌平目みたい・・・

 そうやって泳ぎまわるんですか?

コメントの編集

>のっけうしさん

コメントありがとうございます。

てっきり私も底にいるものだと思いましたが、
高確率でガラス面にへばりついています。

目の前に置いても、食いつかずに
ほかの魚にどんどん持っていかれているので、
給餌がとても難しそうなのがネックです。

久しぶりに見た舞桜さんの腐海水槽。
腐海感がさらに増してきていい感じですね
カレイ?と思いましたが
実際見てみると
なかなか水槽の雰囲気に合ってますよね
北米産という事ですが
実はオヒョウの稚魚で2mを超えますように・・

ねじねじさん

 最近はブログの更新も滞っていてすいません。

サボテンの骨の乱立したうちの水槽ですが、
サボテンの骨は茶色いので、
本当は白く石化した柱状の植物がベストなんですけどね。

南米産のカレイと違って小型なのですが、
幼魚の時には淡水で、産卵期には海に下るらしく、
純淡水で飼育できるとはいえ、不明な部分があるらしいです。

おひょうだったら、切り身にしてフライにします。
育ったら食べに来てくださいね。

淡水カレイ!
めっちゃ興味あったんですけどデカくなるみたいだったので飼育は諦めてます(^^;

体色が良いですね♪
カッコイイ!

いずれは餌をあげると砂からパクっとやる姿が見られるようになるんでしょうかね?
楽しみですね(*^-^*)

コメントの編集

>うりぼうさん

 ショップ情報では、最大で10cm
水槽内ではその5~6割くらいで止まることが多いそうです。
(でも、確かな品種同定されているわけではないので・・・怖っ!)

イトメを上げているのですが、
バクンっていうかちゅるんって食べてます。

家は白い砂を使っているので、結構白くなりますよ。
(いつもは茶色です。見えているのは腹です。)

お久しぶりです!
蓮の植え替えの前準備としてレンコン出ししていました!

カレイ、多分鈍臭くて生餌を食べるまでには至らないんじゃないかと思います。
ヒラメはフィッシュイーターで弓なりにしなって捕食しに行くようです。

北米、うちでは以前飼っていた個体はプレタブにも餌付いて6年ほど暮らしておりました。

>餅さん

おひさしぶりです。

この時期はすごく大変そうですね。
れんこん大量だと、水流で洗うんでしょうか?

北米産は目の前にイトメを落としていますが、
ほかの魚に横取りされがちですね。

なので、水槽の隅などに居るのを見計らって、
反対側にほかの魚をエサで誘導してからエサをやってます。

ラーメンみたいにちゅるちゅるイトメを吸ってました。

タブに餌付く子もいるんですね。
今度ちょっと試してみます。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

トラックバック

このページのトップに戻る

プロフィール

舞桜

Author:舞桜
舞桜(mao)は
モンハン無印からのHNで
中国語の「猫」
ユクモ村以降
漢字表記が可能になって
「舞桜」でやっています。
屋外での睡蓮栽培や
メダカの仲間を中心に飼育中。

カテゴリ

月別アーカイブ

ご訪問ありがとうございます

最新トラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: